jalを利用して旅行する前に確認すること

なるべくしたくない飛行機のキャンセル。飛行機、jalを利用して旅行やビジネスプランを立てた時には、あらかじめ計画を立てているのであまり予定を変更したくないですよね。しかしながら諸事情でどうしても予約をキャンセルしなくてはいけないということもあります。そんな時に予約していたjalの予約キャンセルは手続きが面倒なのでしょうか。

予約をキャンセルするだけなら、面倒ではない

もしもキャンセルをするときには、予約をしただけなのか?それとも既に航空券を持っているかによってその手続きが異なります。

しかしもしも予約をキャンセルする時って、あらかじめわかることであり、空港に来て発券手続きなどは行っていないですよね。そのためほとんどの人が予約のキャンセルの手続きをするだけで終わるのです。

そのためキャンセルにかかる手続きは、短時間で終わる、思った以上に簡単に終わるということがあります。反対に航空券を持っている場合は、払い戻し手続きをしなくてはいけないので、少し手間がかかることがあります。

予約のキャンセルの方法は、ネット、電話、カウンターのいずれかで行う

予約のキャンセルは、ネットを利用してパソコンやスマホから行うことができます。また直接jalに電話をしてキャンセルをすることも可能です。自分の居住地の近くにjalカウンターや空港があれば、そこでも予約のキャンセルは可能です。

やはり一番簡単なのは電話でキャンセルをすることではないでしょうか。予約をするときには、決められた路線、チケットの種類もあります。そのためまずはキャンセルができるかどうかを確認することも大切です。

予約のキャンセルはなるべく早めにしよう

予約のキャンセルをする場合には、予定便の出発15分前までに手続きをしなくてはいけません。直前になれば手続きをしている間にもキャンセルの出来ない時間になる可能性もあります。

そのため分かった時点で早めに予約キャンセルの手続きを始めると、余裕を持って行うことができます。

jal 予約 格安

関連記事

旅行 必須アイテムTOP