都会と自然が調和された群馬県

東京までの格安航空券が取れたので、行った事のない群馬県へ行ってみる事にしました。
東京から格安チケットでバスに乗れます。
そして、高崎市に着くと、なんだかだるまがたくさんあるのです。
まさかだるまの生産地とは最後まで知らずに、最後の最後で知りました。
高崎市から1時間もしない所に高崎観音を見られるという事で行ってみました。
真っ白の観音様で、立像なので、本当に大きく見上げると首が痛くなってしまう程でした。
高崎駅の近くに屋台村というのがあり、屋外でいくつかのお店が入っている空間で、そこへ行ってみる事にすると、外国人がたくさん居てびっくりしました。
話しを聞くと、観光で高崎市に来ている人達ではなく、皆住んでいる人だったので、更にビックリ、アメリカ、オーストラリア、ドバイ、アイルランドと本当に国籍も豊かで異国にいるようでした。
その中の半分の人は、日本語をスラスラ話すので関心しっぱなしでした。
次の日は、やっぱり草津温泉は行っておきたい!という事で、電車とバスを使い行きました。ここでは、寄席などもあったので、初めて入ってみました。
とても面白かったです。
群馬県はすごく田舎のイメージがあったのですが、町に出れば異文化交流が出来る発展した町で、少し離れれば大自然があり、うまく調和されている所なんだなと知る事が出来ました。