東京なのに、韓国?

私は韓国が大好きなのですが、韓国まで行く時間がなかったので、1泊で旅行が出来る東京なら行けるな!と思い、そこには韓国街があると聞いていたので、格安航空券を買って、新大久保というコリアンタウンを観光する事にしました。
駅を降りた感じは普通に日本だったのですが、道を歩いていると、どんどん韓国語が見えてきて、韓国料理屋さんばかりが並び、韓国人はクリスチャンが多いという事か、教会もあったり、スーパーへ入ればそれは韓国のスーパーへ来たみたいに、韓国の食品が並んでいて、本当に東京なのに韓国だ!と思ってしまいました。
もちろん、食事は韓国の焼き肉です。
店員さんも韓国人でびっくりしました。
そして、何よりも驚いたのが、深夜に少しコンビニに用事があって行った時に、ホテルからコンビニまでの間、韓国語しか聞こえてこなかった事に非常にびっくりで、本当に東京じゃないと思いました。
コリアタウンがここまで韓国だったので、次の日はスカイツリーというプランを変更して、横浜のチャイナタウンへ行ってみる事にしたのです。
ここは新大久保よりも規模が大きく、タウンとしての大きさが違いました。
そして人でとても賑わっていたのですが、確かに中国人らしきスタッフが道端で呼び込みをしていたり、肉まんを売っていたりはしたけれども、昨日の異国の感じに慣れてしまっていたせいか、あまり驚きませんでした。
韓国に行きたいのに、行けない人は是非新大久保がおすすめです。
韓国のりも安くで買えますよ。